SSブログ

新たな野望 [ガーデン]

録り貯めて永久保存している『世界名作劇場 赤毛のアン』を
最終話まで見終わった今日、新たな野望をスタートさせた。
      全50話、毎朝1話ずつ、ダンナさんとふたりで見てました^^

①.JPG

バラの挿し芽。

そのバラの名はコウシンバラ(庚辰薔薇)
クィーン学院を卒業したアンがグリーンゲイブルズに戻ったときに
彼女の部屋にマリラが生けていてくれたバラ。

もう何度めかわからない『赤毛のアン』の視聴中に、
「コウシンバラ」と聞いて「あ! あのバラだ!!」とピンッと来た。



バラの挿し芽はそんなにはむずかしくはなく、
とくにまもなく開花シーズンを迎えるモッコウバラなんて、
剪定ついでにそのへんの土にブスッと挿しておくだけで活着するのだけど、
今回の挿し芽は成功するかどうか、ちょっと微妙。



挿し芽に使う挿し穂はメルカリで調達。
本日、朝、ネコポスで到着したばかり。

②.JPG

クッキングペーパーで保湿され、ジッパー付き保存袋に入っているのは
「コウシンバラ苗」と書かれてはいるものの、
挿し穂、つまりは根なしの枝。
うまくいけば半月ほどで発根が確認できるはずなんだけど、
4月いっぱいはハラハラドキドキの毎日が続くことになりそうだ。



メルカリで植物を購入するときはなるべく近場から、
宅急便なら翌日配達の地域からと心がけている、生ものだから。
でも今回は・・・・

③.JPG

初めての沖縄より!
航空便も初めてだし、ネコポスにこんなシールが貼ってあったのもお初。

ほかにもメルカリで何人か出品者のいるコウシンバラ、
どういうわけかすべて沖縄県ばかりで、
今の時季ならまだなんとか無事に届くなぁと冒険してみたけれど、
意外にダメージなく届いてひと安心v



そして先週木曜に届いた、こちらの種蒔きもしなくっちゃ!

④.JPG

春はソメイヨシノが、秋は萩の花が咲くころが種蒔きの適期。
いまがそのとき。
なかでも夏の初めはポピュラーな丸咲きで、
秋近くになるとフリル咲きに花の形が変化するというフリルアサガオ、
いまからとっても楽しみ。
種の色も黒ではなく白ってユニークで期待が高まる。



昨日に続き今日もいいお天気で、気温もぐんぐん上がり、
テコフィレア シアノクロッカスはなおいっそう咲き進んでる。

⑤.JPG

「花色に幅があるから、球根を購入するなら複数個がおすすめ」、
耳にしていたそんな情報どおり、花色にはかなりの幅があるみたいで、
パッケージの写真の色味に近いものやそうでないものも。

⑥.jpg



そして花色に幅があるなら、
「どうせならアレが咲くといいのに・・・・」と思っていた花色の花、
今日、咲いたーっ(≧▽≦)

⑦.JPG

かなり青少なめ&白多めで白花に青の覆輪っぽいお花。



これって10年ほど前に球根を購入していたときには2種類あった、
テコフィレアのライヒトリーニにかなり似てるんじゃないかと。

⑧.jpg⑨.jpg

パープルブルーはふたたび販売されるようになっても、
ライヒトリーニは再販されていなかったので、
「類似品」であったとしてもこの花色、拝めてうれしいな(≧▽≦)

nice!(27) 

やっと会えたね! [ガーデン]

ついに!
テコフィレア シアノクロッカスの碧い花が咲きましたーっ(≧▽≦)

①.JPG

苦節10年、あきらめなくて本当にヨカッタ!


10月半ばに植えつけた球根の芽がようやく出たのが12月23日。
その後の成長もスローペースで、
つぼみらしきものがが確認できたのも3月も半ばを過ぎてから。

いよいよ咲くのかと思えば、今度は寒の戻りで足踏み状態。
3月28日、開き始めたつぼみ。

②.JPG



この日は結局、半開きのままで終了。
ポピュラーなクロッカス同様、夜間は花を閉じてしまうので、
また仕切り直し。

③.JPG



そして、翌29日。
東京は夜間からお昼過ぎまで激しい暴風雨に見舞われ、
せっかく開きかけた花が傷んでしまうのではないかとやきもき。
玄関に取り込みたかったけれど、もう満員御礼状態で取り込むこともできず。



で、本日、3月30日。
降り注ぐ陽射しの中、まとまった数の碧の花が花開く♪

④.JPG



ひとつの球根から3輪ほど、咲くみたい。

⑤.JPG

ようやく咲いた青花は、いままで目にしたどの花よりも碧い花でした。



で、今日も、青い花を集めての記念撮影をば(*^^)b

⑥.JPG

先日、苗をお取り寄せしたヘリオフィラも咲き進んで。



今日はお天気がいいので、拉致ってきたオオイヌノフグリも完全開花。
そういえばオオイヌノフグリ、拉致って連れ帰り早ひと月になるけど、
休みなく咲いてる♪

⑦.JPG



さて。

今回のテコフィレア シアノクロッカスの10年越の初開花は偶然ではなく、
必然といえるかもしれない。
ひとつ1300円ほどの球根、しかもこれが人生最後の挑戦だから、
なんとか成功させたくて、ネット検索をしまくり情報収集していた折に、
「!!!」という情報を得ることができた。



それが植え付けに使った、深さが20㎝以上あるこのポット。

⑧.JPG

NHK出版の「みんなの趣味の園芸」のサイト、
そのなかの「みんなのそだレポ」で見つけた
nattepさんの「テコフィレアの球根育ち方比較」を参考にして。
 https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_r_detail&target_report_id=25116

深さ11㎝と20㎝のポットでのシアノクロッカスの栽培の対照比較。
結果は断然、20㎝ポットのほうが育ちがよく、開花も20㎝ポットだけ。
これはマネしてみようって、やたらと深めのポットを探したのだった。
一般的に、2㎝ほどの球根を植えつけるのには使わない深さのポット、
この情報を得られていなかったら、今回も開花につながらなかったかも。

あと、もうひとつ。
別の情報源 出所は失念! より「水遣りは毎日」の情報を得、
「球根、腐らないかしら?」と半信半疑ながら究極に水はけのよい培養土に植えつけ、
とにかく毎日、欠かさず水遣りを続けた。

そういうわけで今回の栽培の成功は、
「他者の経験値の下駄を履かせてもらって」ということになるのだけど、
結果オーライってことで^^



今日はこちらの青花も咲きました、キングフィッシャーデージー。

⑨.JPG

年明け早々の1月6日、メルカリでポチ買いした小苗が育って。

サイトの画像ではブルーデージーに似ているのかなと思っていたけれど、
実物はもっと華奢で野趣があり、
それでいてつぼみから完全に花開くまでの変化もユニークな花だった。
だって写真に写っている、花びらがくしゃっとしている3輪は、
咲き終わりではなくこれから咲く開きかけの花なんだもん。

nice!(25) 

かわいい虎視眈眈と。 [猫]

郵便振替の用事があったダンナさんに付き添って郵便局へ。
用事が終わるのを待っている間に見つけて、
買ってしまったのは「にゃんこ四字熟語グッズ」のポストカード。

①.JPG

「臥薪嘗胆」と「虎視眈眈」(=^・^=)

ほかにもウォールステッカーやクリアファイル、メモ帳なんかもあり。
猫あるあるのトイレッペーパーにイタズラしている「犯行現場」や
茶トラ5匹の並んだ「熱烈歓迎」の写真にも惹かれつつも、
アイテムがウォールステッカーだったので使いこなせそうになく断念。
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000188.000072461.html

「臥薪嘗胆」はモデルが茶トラ猫だったし、
歳を重ねた今となっては「なにをそんなにとんがっていたんだろ?」と
思うのだけど、20代から30代にかけての座右の銘でもあったりしたので
手が伸びた。

「虎視眈眈」、これはもう文句なしにかわいくて(´艸`*)
おいしいものにつられて、
必死の形相でつかまり立ちしているねこほど、かわいいものはない!

②.jpg



そして、ニャンたちの大好物といえば外せないのがコレ、ちゅ~る。

③.JPG



6匹の多頭飼いゆえ、
ちゅ~るはいつもいちばん大きなサイズの120本入りのを購入。

④.JPG

しかも震災などがあっても、
道理のわからないねこたちには平常時と同じ生活をさせるべく、
この120本入りを3箱、常にストックしてあったりw



そんなちゅ~るの成分表示に、いま、健康被害で話題の「紅麹」の文字。

⑤.JPG

もっともこの「紅麹」は件 くだん のものとは無縁で、問題ないみたい。
 https://www.inaba-petfood.co.jp/topics/detail/1114

ただ「ちゅ~るの紅麹はだいじょうぶなのか?」という問い合わせが
メーカーに100件ほどあったというニュースを聞くまで、
その成分に紅麹が含まれることにまったく気づいていなかったこと、
チェックさえしていなかったことにショックを受けつつ、
猛省しているところ。

ねこ愛、さらなる増しましに努めます。

nice!(29)