SSブログ

ねこのおやつも忘れずに。 [猫]

「ボクの、だーい好きなアレ、ちゃんと買ってきてくれた?」
もし言葉が話せたのなら、きっとそう聞いたにちがいない。

①.JPG



ねこ×肉球のフリーマットや秋植え球根もお買いあげしたホームセンター。

②.JPG③.JPG



でもこれらは「ついで」でこの日の買い出しのメインはコレ、
ねこのおやつのきびなごの煮干。

④.JPG



もっともポピュラーないわしの煮干よりもハードな噛み心地のコレを
好んで食べるのはむぎほだけで、
はるここゆうの3きょうだいは歯が立たずにスルーだし、
こむぎも少し小さめのをご相伴にあずかる程度にしか食べないのだけど、
むぎほさんはご覧のとおり~(*^^)b。

⑤.JPG

保存壜への移し替えも待ちきれニャいごようすだ。



買い物に出る回数を減らしたくて、
いったん買い物に出るとあれもこれもと「ついで」「ついでのついで」・・・・と
買い物の量が多くなってしまう。
この日もまだもう少し余裕はあったけどトイレットペーパーや単3の乾電池、
ボディソープに自治体指定のゴミ袋としこたま買い込んで、
ようやく並んだレジの脇で販売されてたビニル製のエコバッグも買っちゃった。

⑥.JPG

いちおうエコバッグも持参はしていたのだけど、
トイレットペーパーが縦に3個、横に5個ならぶ幅広のマチがいいねって。
こういうバッグはクリーニングに出す洋服を入れるのに重宝する。



しかもそのデザインがまたもやねこ、猫、ネコ・・・・(=^・^=)。

⑦.JPG
⑧.JPG

nice!(35) 

おいしい顔ってどんな顔? [猫]

シンプルにかわいいなぁと。

①.JPG

シャッターを切ったのは多頭飼いの醍醐味のようなシチュエーション。
クリームパンのような指先と甲も、ピンク色の肉球もかわいい。



併せて引いた写真も撮っておいた、窓辺で微睡むこむぎとここ。

②.JPG



なかよく並んで眠ってはいるけどこのコたち、いろんな意味で対照的。
人間は大好きだけどちょっとねこは苦手なこむぎと、
ねことはなかよしなのになぜか人間に対しては警戒心の強いここ。
そして好きな食べ物が多くて食いしん坊のこむぎと、
これといった好物がなく、食い意地とはまったく無縁のここ。

みんニャが大好きなお刺身も好きじゃないみたい。
まったく口にしないし、
月に数回催される、お刺身パーティの夕べにはとても悲しそうな顔をする。

③.JPG

好きなものはシンプルなカリカリだけ~(^^;)。



そんな食への執着とは無縁のここだけどこの夏、
そのハートを鷲掴みにされる食べ物との出会いがあった。
それがシーバデュオ 私はお魚味派!

④.JPG

限定ものに弱いねこ母が期間限定のコレを買ってみたら、お気に召したようでw。
すぐにまた買いに走り、陳列棚にあっただけ15箱を買い占める。



いつもお昼のおやつにふるまっている定番のシーバ。

⑤.JPG

これとなにがそんなに違うのだろう・・・・?



ただこの期間限定品、人間的にはツボにハマるパッケージだ。
いつものはパッケージの蓋の裏のデザインも、個別包装もいたってシンプル。

⑥.JPG⑦.JPG



それが期間限定品だとこうなるw。

⑧.JPG⑨.JPG



とくにふた裏のデザインにはやられたーっ(≧▽≦)。

⑩.JPG

うるうるとうるんだ瞳のニャンコに「ああ漁師になりたいっ」のコピー、
これはズルい! 買ってあげたくなってしまう。



そういえば同じ理由でこの春から買うようになったおやつもあった。

⑪.JPG



その名も「おいしい顔が見られるおやつ」。

⑫.JPG

どうもうるんだ瞳には弱いみたいだ(^^;)。
このおやつを食べたとき、
とびっきりのおいしい顔を見せてくれるのは食いしん坊のこむぎちゃん。

nice!(38)  コメント(0) 

4歳になりました。 [猫]

今日、8月12日は「ハイジの日」。
そしてこのコたち、チーム・ぽんぽこりんのはる、ここ、ゆうの誕生日。

①.JPG
                向こう左がここ、右がはる、そして手前がゆう

すこやかに4歳に。
落ち着いたオトナねこの風情を漂わせ、きょうだいで窓辺に佇む。



おチビさんのときにはこの窓辺を走り回ってはしゃいでいたのにねw。

②.jfif
                        左からゆう、はる、ここ


去年、3歳の誕生日を前に撮った写真も
やっぱりきょうだい3匹いっしょで、ねこ団子になっていて、

③.jfif
                  向こうからゆう、ここ、はる

こういう姿を目にするたびに、
離ればなれにさせてしまうことなく、
きょうだいまとめて「うちのコ」にしてよかったって思うのだった。



お迎えして最初に写真を撮ったときも
互いの不安を打ち消すためのようにぴったりと寄り添ってたもんね。

④.jfif
                        左からゆう、ここ、はる


生まれたときからきょうだいで、ずっとずーっといっしょにいられること、
それはきっと、ねこにとってはすごくしあわせなことにちがいない。

⑤.JPG
                          左がここ、右はゆう


ま、ときどき「赤の他人」の乱入だってあるんだけどー(≧▽≦)。

⑥.JPG

手前の、おっきな茶トラはきょうだい猫ではないむぎほ。
山口県生まれのぽんぽこりんたちとは血縁はあるはずもない江戸っ子ねこ。



お迎え当初の猫風邪以外、病気知らずのぽんぽこりんたち。
これからも元気で、機嫌よく過ごしてくれたらもうほかに言うことはない。

nice!(38)  コメント(0)