SSブログ
部屋を彩るグリーンたち ブログトップ
前の3件 | -

記念樹、その後 [部屋を彩るグリーンたち]

お天気のいい日には存分に朝の陽射しを浴びられる、
キッチンのシンク脇の窓辺が「ジャックと豆の木」の指定席。

①.JPG



「うちのコ」としてお迎えした年月日入りの
ネームプレートも株元のスウェーデンアイビーの茂みに見え隠れ。

②.JPG



今日、うちのコ歴丸2年を迎えたこのジャックと豆の木は、
発症から5ヵ月め、
初めての完全寛解記念にダンナさんに買ってもらった記念樹だ。



お迎えしたときに株元にあった「豆」はいまはもう消失して、
緑だった茎もしだいに木化しつつあり、
見上げるような樹高になる日だって来るかもしれず。

③.jfif
                 2019年9月19日撮影



そして、1年前の今日、
「初めての完全寛解から1年が経ったね」ってまたお迎えした記念樹は、
少し前に枯れてしまったみたい・・・・(/ω\)。

④.JPG

だんだん元気がなくなって葉が落ちて寂しくなってきたから、
100均で調達、同居させたスパティンフィウムの緑だけになったのは
記念日目前の半月ほど前のこと。



お迎えしたばかりの、在りし日のベンジャミン。
斑入り葉がかわいかったのにな。

⑤.jfif

植物との相性のよしあしってあるけれど、
ベンジャミンは初めて手にした大学生のころからずっと相性がすこぶる悪い、
つまりは何度も枯らしてる。
なのになぜ、そんな植物を記念樹に選んじゃったんだろ?

すっかり枯れてしまった枝に墓標のように残るネームタグの、
迎え入れた年月日も侘しいの・・・・(* > <) 。

⑥.JPG
 


今日を機に片づけようと思う、
☆になってしまったベンジャミンも、用済みになったネームタグも。
「このコのように take it easy ね」とベンジャミンといっしょに買った
ナマケモノはスパティンフィウムとこれからはいっしょに。

⑦.JPG

nice!(39) 

30日め [部屋を彩るグリーンたち]

8月15日の剪定後の水挿しからちょうど30日め、9月14日のウンベラータ。
瑞々しい葉はそのままキープ。

①.JPG



そして壜の水の中には根っこが広がって。

②.JPG



取り出してトレイの上に並べてみる。

③.JPG



3本のうち、2本はかなり盛大に発根してる(*^^)v。

④.JPG



左のコ、そして真ん中と右のコの半月前、8月31日の根のようす。

⑤.JPG⑥.JPG

見比べるとこの半月での育ちっぷりがよくわかる。



そして30日めのこの日、じゅうぶんに発根したコ2本は鉢上げした。
少し成長が遅れ気味のコはあと10日ほど水挿しでの様子見を。

⑦.JPG



剪定後の元株の新芽も旺盛に動き出して。

⑧.JPG⑨.JPG



剪定枝の挿し芽は今年で3年め。
わくわくしながら、毎年楽しんできたけれど、今年で最後にするつもり。
だって、3度の挿し芽で殖やした株は7株で、
まだ小さめな株が多いとはいえ集合させるとかなりの迫力。

ダイニングテーブルの上に7株、テーブルの後ろに床置きの2株、
9株を集結させての集合写真。

⑩.JPG

しかも最大の大株はリビングにいる・・・・。



今シーズン、剪定枝を水挿しにしていたらダンナさんに、
「このままだと、ウンベラータの多頭崩壊だよ」って言われてしまい・・・・(/ω\)。
こんなに殖やしてどうするんだ?と自分でも思ってはいたのだけど、
この力強い生命力を秘めた剪定枝を捨てるのは心苦しくて、ついついね。

それでも、先日執り行ったリビング在住の最大株のウンベラータの剪定、
その際にも挿し芽にできる剪定枝が3本ほど出たのだけど、
それはもう、心を鬼にして、泣く泣く処分した。
この先もこの調子で処分できるといいんだけど、それはちょっと微妙。

nice!(35) 

さらにジャングル化! [部屋を彩るグリーンたち]

水挿しにしてから半月あまりが経ったウンベラータの剪定枝。
しっかり水揚げができているようで萎れたりせずに元気いっぱい。

①.JPG



そして、順調に発根、まずはいちばん長い剪定枝が。

②.JPG
③.JPG



20㎝ほどと短めだったのに捨てられなくて、
ミニグリーンとして卓上で楽しもうって水挿しにしておいた短めの剪定枝にも
発根の兆しの白い粒々が出現中。

④.JPG
⑤.JPG



そして剪定後の枝にはつんつんと角のような新芽、展葉が待ち遠しい。

⑥.JPG⑦.JPG



水遣りのついでにダイニングテーブルに勢ぞろいさせた挿し芽株のみなさま。
去年2鉢、一昨年2鉢で4鉢のところに今年は3鉢が新たに追加で7鉢になる予定。

⑧.JPG



ほかにこの挿し芽株の元になったコなどが別に3鉢、しかもそれなりにみんな大株、
最大のコは2m超え。
そのうえその最大のコも今年は剪定したいのだけど、
そうするとまた捨てられない剪定枝がさらに2本、つまりはまた2株の挿し芽株が
誕生っていうことに。
どこかで気持ちに折り合いをつけて、
ウンベラータの剪定枝も花ごみに出すようにしなくちゃって思っているのに、
ついつい水挿しにしてしまうんだよな・・・・。

nice!(41)  コメント(0) 
前の3件 | - 部屋を彩るグリーンたち ブログトップ